外国人労働者の受け入れ拡大のための法案を通じたベトナム戦争の朗報

大多数の投票が行われたことで、駐在員外国人労働者の法案が正式に上院に提出され、2019年4月に発効した。

draft法案によると、日本政府は14の職種の労働者に対して、最大5年間の特別タイプ1ビザを発給する。

  •     ビルド
  •     造船
  •     車のメンテナンス
  •     航空
  •     ホテル
  •     看護
  •     building建物を清掃する
  •     農業
  •     漁業
  •     食品加工
  •     レストラン
  •     製造業
  •     産業機械製造
  •     electricity電気 - 電子 - 通信の関連分野。

特殊タイプ2ビザは、建設、造船、自動車メンテナンス、貨物およびホテル宿泊の5つの業種の熟練労働者に限定されません。 。

日本は今後5年間に345,000人の外国人労働者を雇用すると推定されている。

foreign外国人労働者の受入れ拡大法案が正式に成立すれば、ベトナム人労働者の機会が増えるだろう。

 


お申し込み